ホテルロッジ舞洲でBBQした後にログハウスで宿泊したよ!【体験写真付】の記事のアイキャッチ画像

大阪舞洲にあるリゾート施設、ホテル・ロッジ舞洲に行ってきました~!


やっくんやっくん

なんて読むんだ?ホテルロッジまいしゅう?

こうへいこうへい

ホテルロッジ舞洲(まいしま)って読むんだよ!舞洲(まいしま)はけっこうリゾート地っぽくておすすめなんだぜ!


舞洲は大阪市内にある、野球場や大阪エヴェッサ(プロバスケチーム)、サーキットもできる人工島です!


舞洲の野球場


舞洲ではサーキットもできる



そして舞洲内にあるホテルロッジ舞洲には「森とリルのBBQフィールド」や、↓


ホテル・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールド

キャンプファイヤー広場や、↓


ホテル・ロッジ舞洲のキャンプファイヤー広場

ログハウスで宿泊できたり、↓


ホテル・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールド体験後、ログハウス宿泊

とにかく「ホテル・ロッジ舞洲」は大阪市内にあるとは思えないほど広大な敷地面積のリゾート施設なのです!

そして僕はホテルロッジ舞洲の「森とリルのBBQフィールド」と「ログハウス」を体験したので、魅力を写真付き解説していこうと思います。

「森とリルのBBQフィールド」の体験記事に関しては前回記事にしているので以下の記事をご覧くださいね!





ホテルロッジ舞洲ログハウスの魅力10選

魅力①:わくわくするログハウス内観!

ログハウスの魅力ってホテルとは違った、キャンプ感だと思いませんか?

実際子供はログハウスのほうがテンション上がってるそうで、大人もログハウスの内観を見て「おぉ~!」って言ってます!


やっくんやっくん

「おぉ~!」なんてよっぽど感動した時にしか出ない表現だぞ?


ログハウスの内観がこちら!!


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスの内観2

やっくんやっくん

おぉ~!


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスの内観

やっくんやっくん

おぉ~!


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスの内観3

やっくんやっくん

おぉ~!

こうへいこうへい

あほだなぁ…


当たり前かもしれませんが、全部「木」でできていました!

このキャンプ感?が大人も子供もワクワクしてしまう秘密だと思います!

魅力②:敷地面積が広い!

ホテル・ロッジ舞洲の敷地面積はとっても広いです!


先程も紹介しましたが、キャンプファイヤー広場だけでこの広さ↓


ホテル・ロッジ舞洲のキャンプファイヤー広場


ログハウス広場もめちゃくちゃ広い!↓


ホテル・ロッジ舞洲がとても広いことを示した画像


ホテル・ロッジ舞洲の本館内もかなり広いです!


ホテル・ロッジ舞洲本館の内観

後に解説する「ガーデンテラス舞洲キッチン」や「大浴場」もこの本館の中にあります。

ホテルロッジ舞洲は敷地面積がとっても広く、自然たっぷりなので大阪市内とは思えなくなります

魅力③:朝食が最高!

朝は「ガーデンテラス舞洲キッチン」というところで朝食が食べられます!↓


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスでは朝食が食べられることを示した画像

やっくんやっくん

おぉ~!

こうへいこうへい

「おぉ~!」はもういいよ!!


スープやパン、野菜にジュースなど種類も豊富です。↓


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食2


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食3


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食4


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食5


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食6


ホテル・ロッジ舞洲ガーデンテラス舞洲キッチンの朝食7

朝食は約50品目が並ぶ、ビュッフェスタイルです!


みさとみさと

これなら女性も喜ぶわね~!

ログハウスからガーデンテラス舞洲キッチンまでは徒歩1分ほどで着きますが、散歩道がまた良い!


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスから徒歩1分でガーデンテラス舞洲キッチンにつく

魅力④:大浴場付き!

ホテルロッジ舞洲のログハウスにもお風呂がついていますが、↓


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスにお風呂もついてる

徒歩1分で大浴場もあります!↓


ホテル・ロッジ舞洲には大浴場もある

こうへいこうへい

大浴場は利用時間が限られてるから注意してね!


ホテルホテル・ロッジ舞洲ログハウス(大浴場の時間帯)・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールド(大浴場の時間帯)

旅行感を味わいたい人や帰り道の雰囲気↓も楽しみたい人はぜひ行ってみてくださいね!


ホテル・ロッジ舞洲大浴場からログハウスの帰り道写真

魅力⑤:ヨガができる!

ログハウスの周りはとっても広い芝生です。↓


ホテル・ロッジ舞洲ログハウス前の芝生

ホテルロッジ舞洲のログハウス宿泊者は無料でマットを提供してくれ、ここでヨガを楽しむことができます

僕はヨガをしていませんが天気の良い早朝にヨガを楽しむ方はけっこう多いそうです!

魅力⑥:子供が楽しめる工夫がされている!

ホテルロッジ舞洲の施設内は子供が楽しめる要素がたくさんあります。

こんなミニハウスや、↓


ホテル・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールドのミニハウス

森とリルのBBQフィールドにはハンモックもある!↓


ホテル・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールドのハンモック

他にもホテルロッジ舞洲には子供が楽しめる要素がたくさんありますよ♪

魅力⑦:飲食も充実!

先程ハンモックがあった、森とリルのBBQフィールドにはいろんな飲食が販売されています!


ホテル・ロッジ舞洲ログハウスはお酒や食事ソフトクリームも売ってる


ホテル・ロッジ舞洲、森とリルのBBQフィールドではお酒や食事ソフトクリームも売ってる2

オニオンリングやソフトクリームやお酒などいろんな飲食あります。

朝食だけでなく他の飲食も充実しているのも魅力の一つです!

魅力⑧:冬はログハウス宿泊料金が安い!

グランピングやキャンプ、ログハウスなどはどうしても冬になると人気がなくなります。

しかし人気がない分、お得な料金で宿泊できる施設もあります。

そしてここ、ホテルロッジ舞洲ログハウスも冬のほうが料金が安いんです。

宿泊料金はホテルロッジ舞洲公式サイトで確認してみてくださいね。

ログハウスは施設内が快適なので、冬におすすめできる要素もたくさんありますよ♪




魅力⑨:【ユニバ×ホテルロッジ舞洲ログハウス】が超おすすめプラン!

まず結論だけ言うと、このプランは駐車場料金を安く済ませ、ユニバで遊んだあとにログハウスで宿泊することができるプランです。

※個人が考えたプランであり、ホテルロッジ舞洲がプランとして打ち出しているわけではありません。

ただ、ユニバも行く人にはとってもおすすめです。

では知る人ぞ知る、超おすすめプランを紹介します。

まずユニバの駐車場料金は以下です。


ユニバーサルスタジオジャパンの駐車場料金表(12月度)

  • 平日3,000円
  • 土日祝3,500円

そこそこ料金がかかりますね。

でも、ホテルロッジ舞洲の駐車料金は1日1,000円です。

そして、ホテルロッジ舞洲からユニバーサルスタジオジャパンまで無料送迎バスが出ているんです!

もちろん、帰り道(ユニバーサルシティ駅~ホテルロッジ舞洲)もあります


ホテルロッジ舞洲~ユニバーサルスタジオジャパンまでの距離と車での道のり時間

ほぼ直線なので車なら約8分、バスでも約10分ほどです。


無料送迎バスの時間帯は?
午前ダイヤ
◆ホテルロッジ発
7:15、8:15、9:15、10:15、11:15
◆ユニバーサルシティ駅発
7:40、8:40、9:40、10:40、11:40

午後ダイヤ
◆ホテルロッジ発
19:15、20:15、21:15、22:15、23:15
◆ユニバーサルシティ駅発
19:45、20:45、21:45、22:45、23:45

※無料送迎バスの時間帯は予告なく変更される場合がございますので詳細は公式サイトホテルロッジ舞洲(アクセス)をご覧ください。

万が一乗り遅れた際も、約10分間隔で「ホテルロッジ舞洲前」まで舞洲アクティブバスが出ています(有料:大人210円、子供110円)。


つまり、ホテルロッジ舞洲にいったん車を置いてからユニバに行くことで以下のようなメリットがあるのです。


  • 駐車場料金が2,500円安くなる!
  • 帰りに運転しなくてもいい!
  • ユニバでお酒も飲める!
  • 得した分、ユニバでクレープやチュロスが買える!

どうですか?このプランめっちゃ良くないですか?

このように【ユニバ×ホテルロッジ舞洲ログハウス】でダブルでお得に遊べるんです!

魅力⑩:森とリルのBBQフィールドとの合わせ技もおすすめ

やっくんやっくん

ユニバもええけど、他の遊びもしたいやん!

こうへいこうへい

急に大阪弁だな!

みさとみさと

ほんまやほんまや!

こうへいこうへい

(か、可愛い…)


ユニバもいいけど他の遊びをしてから宿泊したい、そんなときにBBQなんていかがでしょうか?

冒頭でも紹介しましたが、ホテルロッジ舞洲はログハウスだけでなく、「森とリルのBBQフィールド」という約500席を備えた巨大なBBQ場があります!

ここで美味しいお肉とお酒など堪能してログハウスに宿泊するのもおすすめですよ!

森とリルのBBQフィールドの詳細は以下の体験記事を見てくださいね!



さらに2017年にできたばかりの「ホテルロッジ舞洲別館ネスト」に関しても体験してきたので、また記事にします!

追記:ホテルロッジ舞洲別館ネストの記事完成しました~!



ログハウスは嫌という人におすすめです!

追記:さらにさらに!舞洲には大阪市内初のグランピング施設「グランキャンピングパームガーデン舞洲」があり、こちらも体験しているので見てみてくださいね!



以上、魅力たっぷりなホテルロッジ舞洲ログハウスの体験記事でした!

気軽にシェアしてお友達や家族、カップルで「イーグランピング」を楽しんでくださいね!